オリジナルの紙袋が持つメリット

  • 動画制作して公開する場合の注意

    • 自分で制作した動画はインターネット上で公開する事が可能です。


      ただ公開するだけでなく、広告を貼る事で動画を収益化する事もできます。


      当然収益化せず趣味として自分のブログや動画サイトに投稿して公開する事もできます。
      公開する動画を制作する時に気をつけなくてはならない事は他人の著作権を侵害していないかという事と許可なく他人の映像を使っていないかという事です。


      他人の著作物とは人に著作権があるもの全ての事でゲームの映像やテレビ番組の映像など様々な物が含まれます。

      そのためゲームをプレイしている動画やテレビの映像を録画して動画として公開するのは他人の著作権を侵害する事になるので行ってはいけません。

      これは動画を収益化する時以外でも同じなので利益を得ていないからといって問題ない訳ではありません。しかし著作権が他人にあるものでも権利を持っている人が許可すれば動画に使用して公開する事ができます。
      もし著作権を侵害した場合は権利者から権利の侵害によって起きた損害の補償を求められる事もあります。
      もう一つ動画制作をする時に気をつけなくてはいけない事は他人の肖像権を侵害していないかという事です。


      動画制作をする際に他人が動画に使う映像の中に映っている場合は本人に動画にその映像を使用して公開する場合は公開する事も伝えて許可を得なくてはなりません。

      もし許可なくその動画を公開した場合はその人の肖像権を侵害する行為になるので行ってはいけません。

      また動画制作をする時に他人を勝手に撮影するだけでその行為は盗撮にあたるので撮影をする段階から許可をもらわなくてはなりません。さらに動画の内容にも注意しなくてはいけません。

      他人に著作権や肖像権を侵害しておらず違法な撮影等も行わずに制作した動画でも特定の個人や団体に不当に不利益を与える内容の動画を公開するのは許されません。

      もし事実でない事を動画として配信して個人や団体がそれによって不当な不利益を負った場合は不利益を負った個人や団体から法的に訴えられる可能性があります。


      法的に問題がなくても動画投稿サイトなど自分に管理権がないところに動画をアップロードする場合はその動画サイトの利用規約にも沿った方法と内容の動画しか投稿してはいけません。

      動画投稿サイトなどでは特定のジャンルの動画のアップロードを禁止している場合があります。

      その禁止事項がたとえ法的に問題がなくても管理者が禁止している場合は従わなくてはなりません。

      もし規約に違反する事があれば管理者からアカウントの停止や削除等の処分が下される事もあります。


      人に管理権のある場所ではなく自分に管理権のあるブログやホームページにアップロードする場合は法的に違法な動画でなければ自由にアップロードできます。


      動画を制作して公開するのは個人の自由ですが、そこには守らなくてはいけないルールがあります。

      動画を配信する事はアップロードした動画に対する責任も発生するので撮影や編集からアップロードするまで責任を自覚して動画制作や動画配信する事が大切です。

      話題の最新動画制作を詳しく調べるなら便利なサイトです。

      大阪のweb制作情報のことならお任せください。

      インバウンド観光関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

      映像制作の見積情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

      神戸の折込チラシ情報の公開中です。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7800961.html

      http://m3q.jp/t/384?page=2

      https://4meee.com/articles/view/42766

  • 関連リンク

    • インターネットで映像コンテンツが非常に人気になっており、回線速度の向上や、スマートフォンの普及などで誰でも手軽に映像を楽しめるようになっています。また一般的な人が、自分で撮影した映像などを編集して、動画投稿サイトで配信し世界的な人気者になるなどの状況もあり、今後も映像の可能性は非常に高まるのではないでしょうか。...

    • 新年の挨拶として、年賀状のやり取りを行なうという人も多いのではないでしょうか。最近ではメールやスマートフォンアプリを利用するという人も少なくはありませんが、お世話になった人や目上の人への挨拶としては、それらを利用するよりも年賀状を出すという人が多いようです。...