オリジナルの紙袋が持つメリット

  • WEBの広告制作についての豆知識としては

    • 以前ならパソコンは一部の人の間でしか使われないものでしたが、現在では1人1台の時代になり、スマートフォンやタブレット端末に至っては1人に数台使用する時代になりました。
      回線速度も向上し静止画から動画まで再生できるようになり、パソコンに限らず各種の端末においてホームページや動画を視聴したり動画撮影できる時代になりました。


      動画共有サイトにおいては年齢や性別を問わず世界に向けて情報発信できるようになりました。
      動画を発信するには編集作業も必要ですが、これも身近で手に入れることができ自分で自由に編集作業を行うことが出来るようになりました。

      動画の与える影響は思った以上に大きくあっという間に世界を駆け巡り話題になることも多いことが知られています。
      動画共有サイトで表示するWEB広告というものがあります。
      本動画の視聴される直前に流されるものと動画のページに表示される広告の2種類あります。

      これもどの端末でも表示されますが果たして効果があるものなのかという疑問もあります。


      本編の直前に流される広告は約5秒間は強制的に表示され、その後はユーザーがスキップボタンを押して見えなくする方法もとられていますが企業側でスキップできない設定にすることも可能とされています。


      それ以前にとられていた方法は15秒間から20秒間はスキップできないタイプのものが主流でした。


      しかし動画を閉じて他のページへ移って行くことも行われるようになったためにその後スキップできるようになったとも言われています。又、ブラウザごとにこの宣伝を表示させないようにブロックするソフトもダウンロードして使えるようになって来ています。


      広告制作では動画の再生ページや動画検索をかけた場合にコンテンツ内容と関連性の高い広告を表示させる方法もとられています。サムネイル画像を表示したりクリックするとリンク先のチャンネルのページへ飛ぶ方法がとられているものもあります。
      動画と共に表示されるインストリーム広告はスキップされれば料金は発生しないとされ興味を持つユーザーのみに届けられるというメリットを持ちます。また地域や性別、年齢層や嗜好、キーワード、時間帯や曜日を設定できターゲットを絞って配信できるので効果を持つとされています。

      WEB広告制作はテレビのCMとは違い動画内にサイトのリンクを設定できて商品やサービスサイトへの誘導が行いやすいとされています。
      テレビの場合はチャンネルをCMの間に変えられる可能性も高いものですが、この場合には必ず最初の5秒間は見てもらえ印象付けることが可能です。
      興味を持つユーザーを追跡でき、購入したことのあるユーザーに対してはリピート購入を促すこともできます。


      広告制作で大手検索ポータルサイトの調査によるとテレビよりも80%以上の広告の効果があると発表されています。

      また、テレビCMを見た場合よりも広告の認知率や商品への興味は高くなることもわかったとされます。

      広告制作に関する情報を提供中です。

      大阪の新聞折込に有効な知識の紹介です。



      今、注目の東京の映像制作会社を調べるならこのサイトです。

      映像制作の料金の最新情報を見つけよう。

      http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201602/CK2016020102000124.html



      http://okwave.jp/qa/q9234347.html

  • 関連リンク