オリジナルの紙袋が持つメリット

  • オフィスで活用できるカードプリンター

    • オフィスでは、業務をこなす上で、様々な物を用意する必要があります。



      ですので、物によっては、専門の業者に作成を依頼することも少なくありません。



      ところが、状況によっては、自社の従業員が作成した方が経費を削減できる場合があります。


      名札や、名刺などについては、会社で働いている従業員の所属部署や名前が記載されているので、業務上重要なものになります。
      名刺は、お客様や、取引先に初対面のときに渡すことによって、会社の名前や所属部署、名前を覚えてもらうのに役立ちます。

      ほとんどの会社が、名刺の作成を印刷業社に発注して作成してもらっていますが、近頃は、カードプリンターという機器を利用して自社で必要となる枚数だけを作ることもできるようになります。

      カードプリンターを挿入するためには、プリンターメーカーが開設している通販サイトや代理店に発注して購入する必要があります。

      カードプリンターは、社員証や、名札なども作ることが可能な機種もあるため、従業員が新しく入社したり、従業員が辞めたりしたときに、従業員が増えたり、減ったりしたとしても対応することが可能な環境にすることが可能になります。
      カードを作成することができるだけでなく、会社が経費を削減をするためのアイテムとしても利用することができるようになります。



      プリンターに搭載されている性能については、メーカーが提供するモデルよって違っていて、紙のカードだけでなく、プラスチックのカードや、ICチップが付いたカードにプリントできる機種もあります。



      ですので、ハイブリッドモデルを選んで購入すると、紙でできた社員証や、プラスチックでできた社員証を作成することが可能です。



      プラスチックでできたカードは、紙でできたカードより丈夫で、水に濡れませんが、時間が経つと劣化して強度が衰えて割れてsまうこともあるため、メリットもあれば、デメリットもあります。



      近頃は、ICチップがついているICカードの社員証を利用している企業もあります。
      ICカードの社員証は、オフィスに出勤と退勤を確認することができ、オフィスに入る鍵代わりにもなっています。



      本来であれば、印刷業者などに社員証の作成を発注していたものが、ICチップがついたカードを作成できるようになることによって、印刷業者に発注しなくても、会社で必要に応じて社員証を発行することができるようになります。
      カードを自社で作成可能となったことによって、会社はカードにまつわる経費を削減しやすくなっています。



      幅広い使い道で利用することが可能なカードプリンターを有効に活用するためには、カードプリンターをパソコンに連動してデザインする作業が重要になります。会社の名前やロゴマークを配置する位置や、従業員の名前や、所属部署を配置する位置などといったレイアウトを工夫することでお客様に与えるイメージも変わってきます。イラストレーションソフトなどを活用することによって、カードをデザインすることができるため、色々試行錯誤して良いものを生み出すことも可能です。

  • 関連リンク